京都アニメーションがあんなにも高クオリティなのはどうして?

どんな技術を使っているの?

これまで様々なアニメを見てきているのですが、特に京都アニメーションのクオリティが非常に高いと感じています。
他の会社の人に比べて高クオリティの作品を出し続けてると思うのですが、これには何か秘密があるのでしょうか?
技術がすごいということは分かりますが、こんなにも素晴らしい作品ばかりを生み出しているというのは技術だけではないような気がしています。

もちろん製作者の意識なども大きく関わってくるのでしょうが、具体的に高クオリティ作品を出し続けているのは何故なのかが知りたいです。
見るたびに映像の綺麗さやキャラの動きなどに感動を覚えるほど素晴らしいと思っているのですが、どんな技術を使えば高クオリティを維持し続けることができるのでしょうか?
他の会社とは違った秘密をご存知の方がいたら教えてください。

実写も3Dも駆使しています

京都アニメーションはどのような作品を作る際にも、基本的には3D や実写などを取り入れています。
実写取り入れることによって、映像は極端に美しくなるためクオリティが高いのは当然だと言えるでしょう。
また一言で自社といっても、どのように撮影すれば最も美しくなるのかという部分での技術力も非常に高いです。

また、3D に関しては映像を作るだけではなく、もともと人間の動きを映像にしているものですから、リアリティがあり、アニメのページを1枚1枚書き、これを動かすといった技術とは大きく違っています。
3D や実写など取り入れているアニメは京都アニメーション以外にもありますが、やはり制作側のプロ式が高いということがうかがえるでしょう。

こういったプロ意識がなければここまで素晴らしい作品を続取っ作り続けるのは難しいと言えます。
一人一人の技術者が持つテクニックも素晴らしいものではないでしょうか。

作品作りのスケジュールを徹底している

アニメを制作するためには必ず期間が設けられますが、中にはこういった期間内である制作ができない会社もあります。
機械のトラブルがでてしまったり、その他にはスタッフの入れ替えなどがあり、その最寄の作品に仕上がらなかったというトラブルなどもあるようです。

京都アニメーションでは作品作りをする際のスケジューリングまで徹底しているので、高クオリティな作品を次々と作れると言われています。
実際の部分は制作側に聞いてみなければわからないことですが、多くの場面で話題になりますので間違いないでしょう。

スケジューリングを徹底するということは、ある程度余裕を持っているということにもなります。
ギリギリで作品を仕上げるのではなく、余裕を持って作品を仕上げた後、細かなチェックなどを徹底して行い残った時間の中でさらに高いクオリティを目指していくために手を加えるので、本当に最高の作品だといえるでしょう。
一人一人がこだわり抜いた作品を世に送り出すということに、高いプライドを持っていることがわかります。