自作フィギュアの作り方を教えて!

自分の望み通りのものを

今まで自分でフィギュアを購入したことはありますが、次々に増えて部屋に飾る時に自分でも作れないのかと思うようになりました。
ある程度調べてはみたのですが、3D プリンタを使って作る方法などばかりで、その他にもっと簡単な方法を見つけることができません。

作成する際に難しいということはわかっていますが、それでも素人がチャレンジできるような方法がありませんでしょうか?
販売されているものなどは機械が作っていると思っていますが、自分で作る事は不可能ですか?
もちろん初めての経験になるので売っている作品のように作ることができなくても仕方がないと思っています。
徐々にテクニックを磨きながら、最終的には本当に良いものが作れたらと思っていますが、お勧めの方法はどんなものでしょうか?

基礎の型を取るか作るかで違います

フィギュアを作るといっても、ゼロの状態から自分で作っていく場合とあらかじめ原型となる基礎を使って型を取るのかによって違いがあります。
型を取るのであれば、ご本人が所有しているものを型取りして、そこに粘土や石膏などで大まかな形を作っていくようにしましょう。

ゼロの状態から基礎を作っていくのであれば一本の基礎に対して少しずつ材料を加えて形を作っていくというものになります。
ここで形を作っていく上でも最初から全て形を作っていくという方法と、あらかじめ大きな軸を作り、これを削っていくという方法があります。
初心者の方で、なおかつコストを抑えたいと言った場合には、ファンドという材料がお勧めになっています。

さらに、ポリエステルパテという成分の比較的扱いやすく気泡にさえ気をつければ少しずつ盛り付けるということができます。
また自分で削ってフィギュアの形を整えたいと考えている方にはスカルピーという材料があるのでこちらをお勧めします。
オーブンで焼くという粘土になっており、加熱するまでは柔らかい状態が維持できるので、どんなに加工する場合であっても困ることがありません。

市販品をアレンジする方法もあります

20160510100732前述した方法というのは自分でフィギュアの形を整えるというものになりますが、まだそこまでの技術などもなく、もっと簡単な方法で次を作りたいのであれば、まずは市販されているものから加工していくといった方法が良いでしょう。
あらかじめ商品として販売されているものを自分の好きなカラーリングなどに変更していくというものになっています。

こちらの方法であれば、まずはペイントに使用するための材料さえ購入してくれば簡単に始めることができます。
自分でゼロの状態から作る場合であってもやはりペイントが大部分を占めてくるので、仕上がりを良くするためにもこの方法から始めるという方もいるようです。
黒地に色を塗ることができれば、あとは土台の作り方を学ぶだけで販売されているものと同じようにクオリティの高いものが作れるようになります。