splatoonの人気の理由を知りたい

splatoonの大ヒットは初心者でも楽しめる設定に理由がある

人とイカに変身できるキャラが街中を好きなように動き回る事が出来、水鉄砲のような武器に入ったカラフルなインクを打ち合って、自分の色のインクで塗りつぶしたなわばりを広げていくというテレビゲームです。

4対4の対戦ができるこのsplatoonは、初回15万本出荷のうち14万本以上が売れたというゲーム界の中にあり化け物的イメージがあります。
店頭から在庫が無くなりダウンロード以外購入できないという状態が継続し、最終的に100万本もの累計販売数を記録しています。

ズバリ、このゲームが大ヒットした要因は、「初心者でも年齢に違いがあってもとにかく誰でも楽しむことができるゲーム」だからでしょう。

途中参加の人でも容易に受け入れてくれるゲーム

オンラインゲームで対戦するゲームというと、先にゲームをしていた人たちの方が明らかにアイテムを持っているし、ゲームの攻略を知り尽くしているので、初心者が入り込んでもコテンパンにされてしまうということが多いです。

もちろんこのsplatoonにも、最初からゲームを行っているプロ的存在の人がいるし、やり慣れた人が有利になるということもありますが、初心者で相手に照準を満足に充てる事が出来ないという人でも、手探り状態でゲームを楽しめるという魅力があるのです。

床を塗っていけばチームの勝利に貢献できるという単純な設定

ゲームに新参した人でも、すっとゲーム内に入り込みやすいのは、床を塗っていくことでチームの勝利に貢献できるということを明確に理解できるからです。

派手な色合いがたくさんの人を魅了していますが、この使われている色が派手なのは、見た目にインパクトがあるからということではなく、勝敗の決定に色が重要な要素を持っているためです。

ナワバリバトルの場合、オンライン上ランダムに選ばれたチーム4名で、同じくランダムに選ばれた相手チーム4名と3分間闘います。

最終的にインクをたくさん塗った方が勝利、塗った床面積が広い方が勝ちです。
初心者がバンバンやみくもにインクをまき散らしていっても、最終的にインクの床面積が多い方が勝ちという単純な設定だから、何を考えるでもなく初心者でも十分力になれるのです。

ゲーム終了時には、相手を倒した数、倒された数などがポイントに計上されず、あくまでも床を自分のチームの色に多く塗った方が勝ちという単純な結果となるので、初心者の方も用心せずどんどんゲームに入ってけるのです。

ゲームのコツなどを知らなくても、塗る、塗りつぶすということで勝つことができるという小さい子供でも意味が解るゲーム内容なので、splatoonはこれほど多くの方に支持され、また多くの方が止められない楽しさに酔いしれているのでしょう。